「ほっ」と。キャンペーン

盆栽日記-the experimental bonsai diary-

カテゴリ:榎( 7 )




再生、エノキ。

e0121605_23181542.jpg

またやってしまいました、、、水切れ。
今回は旅行してたわけでも人に任せてたわけでもなく、単なる油断。
恥ずかしい限りです。

1週間ほどで新芽が出てきたので一安心。
一時期はたくさんあったエノキもこれが最後の一樹。
フンドシを締め直して、、、いざ再出発。
[PR]



by kumagusu1968 | 2011-07-28 23:23 | | Comments(0)

剪定整姿、榎。

e0121605_19105360.jpg

この春に紹介した榎の一鉢。
写真を見比べると今年の成果が分かります。
ということは大して変わっていませんね、、、
少しだけ太った感じはありますが、
枝は思いのほか増えてきません。
やはりいい加減な施肥のせいでしょうか。
仕立て鉢に戻る方向です。
[PR]



by kumagusu1968 | 2009-11-23 19:19 | | Comments(0)

落葉、榎。

e0121605_23224057.jpg

個体によって差はありますがこの鉢は早くもツンツルテンです。
水切れなどで一度落葉してしまった、
二番葉の固体はまだ緑だったりもします。
葉が付いている期間の長いほうが成長期間も長いわけで、
ということは、一度葉刈りしたほうが試練を与えるという意味でも
太りを得るという意味でも良い、ということでしょうか?
種の段階で個性もありますし、日照条件によるところも大きいので
ま、一概には言えませんね。
[PR]



by kumagusu1968 | 2009-11-16 23:33 | | Comments(0)

今年は終了のエノキ。

e0121605_16441387.jpg

枯れてしまった笹の苔玉の残骸と
庭に飛び込みで実生してた榎を合体させて2年目。
樹勢がのってこないのは、
内部にそのまま残されてた笹の根が腐り、水はけが悪く、
なおかつ用土も残っていないというベタベタスカスカだからかもしれません。
おそらくそうです。
手抜きはいけませんね、、、
[PR]



by kumagusu1968 | 2009-10-12 16:51 | | Comments(0)

葉ふるいの榎。

e0121605_22513715.jpg

今回の帰省中の水やりは人に任せて、でしたが、
やはり水遣り3年、いくつかは葉をふるってしまいました。
それはそれで仕方のないことですし、
自動水遣り機に比べると雲泥の差があります。
その中で復活の一番早いのがエノキ。
ふるったとたんにもう芽出しの逞しいヤツです。
秋の黄葉まで大事にしていこうと思います。
[PR]



by kumagusu1968 | 2009-08-31 22:57 | | Comments(0)

そろそろ実成りも楽しんでみたい榎。

e0121605_15343276.jpg

萌えてます。
幹もようやく直径1センチほどに太った。
枝を切り戻してると実はできませんが、
鳥が好んで食べるらしく至る所で実生苗が発見できます。
うちの極少の庭にもいくつかの実生苗のストックがあり、
気が向いたときに鉢上げしています。
見どころとしては細かい枝別れと秋の黄葉でしょうか。
葉の裏に綿虫(体長1ミリほどの白いふわふわした虫)がつくのが難点で、
定期的に防虫剤の散布が必要です。
[PR]



by kumagusu1968 | 2009-04-05 15:48 | | Comments(0)

えのき 冬姿

e0121605_17571226.jpg

細幹だが三本寄ればそれなりに見れる。
放置すると枝がクネクネになってしまうので
良いところで切り詰めた。
榎の種子は鳥が運ぶのか、いたる場所で実生している。
苗を手に入れやすい樹種である。
[PR]



by kumagusu1968 | 2008-12-06 18:05 | | Comments(0)

盆栽作業、観察、戯言。
by kumagusu1968
プロフィールを見る
画像一覧

ブログジャンル

メモ帳

熊野盆栽研究室
http://www.bonkuma.com/index.html

盆栽道具の兼進
http://bonsai-tool.net/kane55/1.1/541/

free counters

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧

最新のコメント

お気に入りブログ